フルボーンアンカードによる咬み合わせの修復症例(50代 男性)|人形町ハルタ歯科|日本橋駅・人形町駅・小伝馬町駅・馬喰町駅近く

新型コロナウィルス対策について

歯内療法専門担当医

口腔外科 専門担当医

矯正歯科 認定医

院内歯科技工所

精密修復にこだわった歯科

初診ネット予約受付

English Speaking Dentist(Mon/Wed/Fri)

03-6905-8811

東京都中央区日本橋堀留町1-8-10三ッ美ビル1F・2F

TEAM HARUTA

日本橋HALデンタルケア

フルボーンアンカードによる咬み合わせの修復症例(50代 男性)

フルボーンアンカードによる咬み合わせの修復治療症例

当院が実施したフルボーンアンカードの治療症例をご紹介します。

①初診時の口腔内

サンプルイメージ

全顎的に歯を欠損されている患者様が、歯を作りたいとのことでご来院されました。歯の欠損が多いため、数本のインプラントを埋め、そのインプラントに連結したブリッジ(人工歯)を装着するフルボーンアンカードによる咬み合わせの回復治療を実施致しました。

▼顔貌のチェック

顔貌のチェック

②ワックスアップ

ワックスアップ

顔貌から分かる咬み合わせで、予想できる歯並びをワックスで再現。

③埋入時に使用するガイドを作成

ガイドを作成

再現した歯型の模型を基に、将来の歯の位置を決めた後、外科用のガイドを作成しました。

インプラントの埋入

インプラントの埋入

お薬で眠っている間に、作成したガイドを用いて、的確なインプラントの埋入手術を実施しました。※上顎は一日で全て埋入。

仮歯を装着して経過を観察します

仮歯を装着

埋入したインプラントに仮歯を装着した状態で生活していただき、使い心地を確認していきます。3ヶ月ほど仮歯を使用してもらうと、正中がずれた位置で落ち着きました。

最終的な型取り~フレームを製作

最終的な型取りとフレーム製作

仮歯で落ち着いた位置で噛み合わせをとり、精度良く型取りを行います。裏打ちとなるチタンのフレームは、顎骨の歪みも考えて下顎は3分割で設計しました。

口腔内環境を整えます

口腔内環境を整えます

最終補綴物を作る前に、歯科衛生士、歯科技工士と協力してメンテナンスしやすい環境を確認してから治療を進めていきます。

最終的な補綴物を装着して治療完了

治療完了

完成した最終補綴物をお口に装着して治療完了です。見た目と機能性を兼ね備えた補綴物に患者様にも大変満足いただけました。

性別・年齢 男性/53歳
治療期間 9ヶ月
来院回数 15回
治療費 上顎290万円(税別)
下顎260万円(税別)
リスク・注意点 ・インプラント周囲炎の予防のため、歯科医院での定期的なメンテナンスや日々のお手入れが重要となります。
・あくまで人工物ですので、噛み合わせのチェックも大切になります。

インプラント治療ページへ>>

この症例の担当者のご紹介

トップへ戻る