痛くない親知らずの抜歯|人形町ハルタ歯科|日本橋駅・人形町駅・小伝馬町駅・馬喰町駅近く

歯内療法専門担当医

口腔外科 専門担当医

矯正歯科 認定医

院内歯科技工所

精密修復にこだわった歯科

初診ネット予約受付

English Speaking Dentist(Mon/Wed/Fri)

03-6905-8811

東京都中央区日本橋堀留町1-8-10三ッ美ビル1F・2F

TEAM HARUTA

日本橋HALデンタルケア

痛くない親知らずの抜歯

あなたの親知らずはどういう状態ですか?

親知らずの状態

親知らずは、個人差はありますが大体10代の終わりから20代前半に生え揃う歯です。一番奥に位置するため、日々のケアが難しく、虫歯や歯周病になりやすい歯です。また、世間的に親知らずが抜歯しなければならないと思われているのは、生える時期が遅く十分なスペースがないため、正常に生える事が出来ずに、口腔内に悪影響を及ぼす事が多い歯だからです。自身の親知らずが悪影響を及ぼすのか、抜歯をしなければならないのか、違和感を感じる事があれば一度歯科医院にて診断してもらいましょう。

まっすぐ正常に生えている親知らずは抜歯をせずに保存をおすすめ

親知らずは抜歯をせずに保存

親知らずだからと言って全て抜歯をすると言うわけではありません。まっすぐ正常に生えていて、口腔内に悪影響を与えない親知らずは、将来歯を失った場所に移植して再利用が可能なため、ケアをしっかり行い、保存する事をおすすめしています。また、親知らずが顎の骨の中に全て埋まっている状態においても、悪い影響がない場合は抜く必要はないと考えます。

抜歯を推奨する代表的な親知らずの状態

虫歯・歯周病になっている

虫歯・歯周病

まっすぐ正常に生えている場合でも、親知らずが虫歯や歯周病に羅患している状態や、その予兆がある場合は、治療や治療後のケアが非常に難しく、周囲の歯に悪影響を及ぼす事が予想されるため、抜歯をおすすめする事があります。

歯列に悪影響を及ぼす生え方

歯列

横に向いて生えていたり、歯が途中まで埋まっていて一部しか露出していない状態の親知らずは、前方の歯に接触して、少しずつ噛みあわせや歯列を乱し始める事が予想されます。将来的な歯列の乱れや咬み合わせを考えて抜歯を推奨します。

片側にしか生えてない場合

片側にしか生えてない

親知らずは、4本全部生え揃わない方も沢山います。上下や、左右で咬みあわせの相手がいない親知らずは、正常にまっすぐ生えていても、口腔内を傷つける恐れがあるので抜歯の検討をおすすめしています。

親知らず(周辺)が炎症を起こしている

炎症を起こしている

親知らずが正常に生えずに、歯の一部が埋まっている状態だと、歯と歯肉の間の大きな隙間に汚れが溜まる事で、細菌が繁殖して炎症をおこします。この症状を智歯周囲炎と言い、ケアが難しいので慢性的に炎症が起こる事が予想されます。悪化すると、開口障害や発熱など全身に悪影響あるため、ひどい場合には抜歯をおすすめします。

人形町ハルタ歯科の安心安全な親知らずの抜歯

口腔外科専門担当医が担当します

口腔外科専門担当医人形町ハルタ歯科が実施する親知らずの抜歯・移植は、日本口腔外科学会認定医が担当致します。親知らずの抜歯をはじめ、歯科治療で行われる全ての外科治療に精通しており、様々な症例に対して、適切な治療を実施可能です。親知らずの難抜歯の際にも、患者様にできる限り負担が少ない治療をご心がけております。

歯科用CTでの精密検査

歯科用CT

人形町ハルタ歯科では、親知らずの難抜歯の際に歯科用CTを使用しています。親知らずや、顎の骨など、様々な情報や位置関係を、しっかり確認した上で抜歯を行っています。さらに、精密な情報を得た上で、事前のシミュレーションを実施してスムーズな抜歯を心がけています。

痛みの緩和に配慮した麻酔注射を実施

麻酔注射

親知らずの抜歯を行なう前の麻酔注射にも様々な工夫を凝らし、できる限り患者様に負担のかからないよう心がけております。痛みの少ない麻酔注射は、以下リンクより詳細をご確認下さい。

痛みを抑えた治療ページへ

炭酸ガスレーザーによる痛みの緩和

炭酸ガスレーザー

親知らず抜歯後の鎮痛剤を処方しますが、状況によって炭酸ガスレーザーを照射して、止血、痛みの緩和や傷口の治癒を促す処置を実施します。

エピオスウォーターによる殺菌

エピオスウォーター

親知らずの抜歯の際に、口腔内の細菌が傷口などに侵入して炎症などを起こさないように、エピオスウォーター(殺菌機能水)での洗口で徹底殺菌を行います。さらに抜歯後も殺菌を行い、口内を清潔に保ちます。

麻酔専門担当医による静脈内鎮静法

静脈内鎮静法極度の緊張状態・不安を感じている患者様に対しては、麻酔専門担当医が点滴での静脈鎮静法を実施します。

効き目もよく、痛み、不安、恐怖を一切感じる事なく、うたたねの状態で親知らずの抜歯を終える事が可能です。

歯科麻酔(静脈内鎮静法)ページへ

親知らずの移植(歯牙移植)について

親知らずの移植(歯牙移植)歯を失った際の、咬みあわせの回復治療として、入れ歯、インプラント、ブリッジなどが一般的です。ですが健康な残存歯を削ったり、違和感を感じる事が多かったり、ケアが面倒臭いなど、様々なメリット、デメリットがあります。人形町ハルタ歯科では親知らずが正常に生えている場合に、第4の方法として歯牙移植をおすすめしています。

人工の歯に比べ馴染みがよく、歯の重要な組織である歯根膜も一緒に移植が可能なため、以前の歯と同じ様な感覚で生活していただけます。いくつかの条件が必要にはなりますが、移植が可能な場合には選択肢の1つとしてご提案させて頂きます。親知らずの移植について、質問等ございましたらお気軽にご相談下さい。

親知らずの移植症例

症例①

症例②

中央区日本橋で痛みを抑えた親知らずの抜歯・移植をお探しの方へ

痛みを抑えた親知らずの抜歯・移植

当院では、このように患者様の大切な親知らずを可能な限り残存させ、将来の有効活用なども視野に入れた適切な診断を実施しております。また、やむを得ず抜歯になった場合にも、痛みや負担の少ない低侵襲の抜歯を心がけておりますのでご安心下さい。中央区日本橋で痛みの少ないスムーズな親知らずの抜歯や、親知らずの移植を検討中の方は、ぜひ人形町ハルタ歯科までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る