理事長・院長 春田 英政|人形町ハルタ歯科|日本橋駅・人形町駅・小伝馬町駅・馬喰町駅近く

歯内療法専門担当医

口腔外科 専門担当医

矯正歯科 認定医

院内歯科技工所

精密修復にこだわった歯科

初診ネット予約受付

English Speaking Dentist(Mon/Wed/Fri)

03-6905-8811

東京都中央区日本橋堀留町1-8-10三ッ美ビル1F・2F

TEAM HARUTA

日本橋HALデンタルケア

理事長・院長 春田 英政

専門:審美・インプラント・歯周外科

院長

現在、歯科治療の世界は細分化されており、従来なら不可能だった難しい治療も、複数の専門家の連携により、実現可能な時代になっています。これまでのように一人の歯科医師がすべての治療をカバーするのではなく、患者様の治療ケースや治療計画に応じて、歯科医師・歯科衛生士がそれぞれの役割の中で専門性を活かして対応することが、患者様へよい治療をご提供するために重要だと考えております。当院の歯科診療においては、治療をする「歯科医師」、歯科医師のアシスタントや患者様の口腔ケアを行う「歯科衛生士」、詰め物や被せ物・入れ歯など補綴(ほてつ)物を作成する「歯科技工士」と、それぞれの役割に責任を持ち、誠心誠意を尽くして、皆様の治療に取り組んでおります。

また歯科医師は、それぞれが得意な分野を持ち、高い専門性を持っています。例えば、矯正歯科治療なら矯正歯科専門医、インプラント治療ならインプラント専門医が治療にあたることで、より確実で安全な治療が実現します。

人形町ハルタ歯科では、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士と、各分野の専門家が連携しながら患者様を担当する「チームアプローチ」「チーム医療」を実践することで、より上質な治療をご提供いたします。そしてまた「人と人とのつながり」を意識した診療を大切にすることで、患者様にご納得いただける診療をご提供してまいります。皆様のご来院をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

略歴

1999年 日本大学 松戸歯学部 卒業
1999年~ 東京医科歯科大学 第1口腔外科 勤務
2001年~2002年 医療法人社団日高会 日高病院 歯科口腔外科 勤務
2003年~2008年 医療法人社団仁慈会 大塚歯科クリニック PTCインプラントセンター 勤務
2008年4月 人形町ハルタ歯科 開業
医療法人 春英会 設立に伴い理事長に就任

資格

症例紹介

症例1:上顎インプラント義歯・下顎インプラントブリッジ

症例

何も食べられないとのことで来院されました。上下の噛み合わせの関係と、骨の吸収の関係で入れ歯とブリッジで噛むようにしました。良く噛めるので、胃腸の調子も良くなったようです。

症例2:上顎総義歯・下顎インプラント義歯

症例

インプラントをしたいとの事で、来院されましたが、上は仮の入れ歯の時に問題なかったので義歯のまま終了しました。下は入れ歯の動きを少なくするために、インプラントも使用しました。

技工担当 サノデンタルラボラトリー 佐野氏

症例3:上下インプラントブリッジ(固定性)

症例

インプラントを複数本使って、上下の被せ物を固定しました。骨の足りない部分は、歯ぐきの色の材料を使いました。笑っても境目はあまり目立ちません。何でも食べれるようです。

技工担当 D.D LABO 本堂氏

症例4:口腔外科・精密根管治療・審美治療

症例

埋まっている歯とウミの袋を除去、精密根管治療を前歯2本に行い、ファイバーの土台を作り、最終的にジルコニアセラミッククラウンで修復しました。

技工担当 ボウザーアーツ 関氏

症例5:精密根管治療・審美治療

症例

精密根管治療ごファイバーの土台を作り、前歯6本をジルコニアセラミッククラウンで修復しました。

技工担当 D.D LABO 本堂氏

症例6:精密根管治療・審美治療

症例

前歯6本の古くなった被せ物をオールセラミックにて新しくしました。

技工担当 D.D LABO 本堂氏

症例7:審美治療

症例

前から2番目の両側の歯を、ジルコニアセラミッククラウンで修復しました。片方は精密根管治療もしています。

技工担当 ボウザーアーツ 関氏

症例8:審美治療

症例

前歯の黒いラインが気になると来院されました。前歯6本オールセラミックで修復し、思いっきり笑えると喜んでいただけました。

技工担当 D.D LABO 本堂氏

症例9:審美治療・歯周外科

症例

向かって左側の残存した乳歯を抜歯し、歯茎を調整して、セラミックのブリッジにしました。

技工担当 D.D LABO 本堂氏

症例10:精密根管治療・審美治療

症例

歯ぐきが黒い、縁が気になると来院されました。精密根管治療後、ファイバーの土台を立て、前歯4本、ジルコニアオールセラミックにて修復しました。

技工担当 ボウザーアーツ 関氏

症例11:精密根管治療・再生療法

症例

歯周病で無くなった骨を再生し、プラークの付きづらいオールセラミックにて修復しました。

症例12:歯周形成外科・審美治療

症例

歯が無い所に食べ物が溜まりやすかったので、歯ぐきを移植してジルコニアオールセラミックにしました。歯ブラシも当てやすくなりました。

症例13:GBR

症例

症例

抜歯して同時にインプラントを埋め込みました。インプラント周りの足りない部分を材料で埋めて治癒を待ち、噛めるようにしました。

技工担当 D.D LABO 本堂氏

トップへ戻る